外貨宅配サービスならどこにいても両替できる

トレンドの資産活用法

お金

定期預金を中心に貯蓄をしてきた人が、株式や不動産や債券にも興味を持って、積極的に資産運用を行うのが最近のトレンドです。投資対象によって必要な資金は大きく異なり、小口の資金を活用して資産運用を行いたい人に適しているのは投資信託です。銀行や証券会社で投資信託を購入することが可能であり、ボーナス時にまとめて購入したり毎月積み立てるなど、そのスタイルは様々です。購入時に3パーセント前後の手数料がかかる投資信託も多いですが、最近注目度が高まっているのは、手数料無料のノーロード型のファンドです。ノーロード型のファンドは、株価指数やリート指数に連動するインデックス型の投資信託がメインであり、通常の商品よりも信託報酬は割安です。信託報酬は毎日の運用に必要なコストであり、できるだけ割安なファンドを選ぶことが、投資効率を高めるコツです。インターネット専業の証券会社では、インデックス型の投資信託の品揃えにも積極的に取り組んでいるので、誰でもニーズに合った商品を選べるでしょう。一方で低コストで株式同様に売買できる点に魅力を感じる人が増えており、証券会社を通じて上場投資信託を中心に取引する人も多いです。上場投資信託はETFという愛称で呼ばれることも多く、証券市場でリアルタイムに取引できるメリットが大きいです。売買手数料や運用コストも割安なので、老後に向けた資産形成やボーナスを活用した資金の運用でも、ETFは大活躍です。